バッチフラワーニューセラピーII(ボディマップ) [B-82]

バッチフラワーニューセラピーII(ボディマップ) [B-82]

販売価格: 2,400円(税別)

在庫あり
数量:
必要なレメディを身体から読み取るボディーマップ。

(商品の説明)

バッチフラワープラクティショナー待望の第2弾。
バッチフラワーのよりシンプルで、効果的な使い方のご提案。
本書では38種類のフラワーレメディに対応する243箇所のスキンゾーンを、
身体イラスト上に正確に示しているので、必要なレメディを身体から読み取れます。

〜 裏表紙より 〜

バッチフラワーのよりシンプルで、より効果的な使い方

本書では、38種類のフラワーエッセンスに対応する243箇所のスキンゾーンを、
身体イラストの上に正確に示しています。
このボディーマップを使えば、必要なフラワーエッセンスを身体から直接読み取ることも可能になります。

症状がみられるスキンゾーンにフラワーエッセンスを含んだ湿布やクリームを使用すると、
そのゾーンに対応するフラワーエッセンスの効果を非常に高めることができます。
その結果、フラワーエッセンスを飲むよりも早く効果が現れることが多く、
身体の症状が改善されていくのをはっきりと自覚できることも少なくありません。
症状が現れた場所を治療することは心の問題の解決にもつながります。
また、病の予防として使用することもできるでしょう。
心の健やかさは皮膚に反映するため、バッチフラワーをコスメティックとして使用する方法も示しています。

「ホディーマップ」による診断とセラピーは、バッチフラワーの可能性をさらに広げるものとなるでしょう。

(商品の詳細)

ソフトカバー: 312ページ
著者:ディートマー・クレーマー&ヘルムート・ヴィルト
訳者:岩田明子
出版社: フレグランスジャーナル社
商品の寸法: 15.5 x 26.2 x 1.8 cm  (横 x 縦 x 厚さ)
おすすめ度: ★★★

(目次)

謝辞
前書き

第1章 基本的な考え方

1.はじめに
2.人間のオーラ
3.ボディーマップの発見
4.皮膚への使用後のオーラの変化について
5.体とこころの効果

第2章 スキンゾーンの発見

1.アクティブゾーンとサイレントゾーン
2.サイレントゾーンを探し出す
3.軌道を手がかりとした診断
4.オーラの診断

第3章 バッチフラワー・スキンゾーンセラピーの実践

1.スキンゾーンを使って治療するための基準
2.スキンゾーンによる治療の適応
3.皮膚にフラワーエッセンスを使用する方法
4.セラピストの反応について

第4章 他の使用法

1.ボディーマップを必要としない場合について
2.傷跡の治療
3.「心のコスメティック」

第5章 ケーススタディ

第6章 その他の可能性について

第7章 スキンゾーンのトポグラフィー・アトラス

背中にあるスキンゾーンの見つけ方

ボディーマップ一覧表

参考文献
訳者あとがき